2012年の大近江展

Shiga Prefecture Food and Craft Fair (Dai-Omiten) at Takashimaya Department Store in Nihonbashi, Tokyo. Feb. 24 to March 1, 2012.

東京日本橋の高島屋で開催中の第24回 琵琶湖夢街道 大近江展へ行きました。

とても美味しそうな見せ方。近江牛。

気に入った商品のディスプレー。しかし、この商品は米ではなく、だんごであった。

このパッケージのデザインは今一と思った。ザゼンソウと周航歌は米と関係ないし、一瞬、ザゼンソウから収穫された米と思わせる。パッケージのデザインは売れ行きを大きく左右する重要な要素。

この左義長祭りの飾りがとっても迫力あったけど、一番人が少ない場所に隠れていてほとんどの来場者が見ていないと思う。もったいない。せっかく八幡から持ってきたのにもっと目立つところに置かないとね。会場のど真ん中とか入口の付近。食べ物でできたものだから近江展とよく似合うと思った。滋賀の「見る」魅力をもっと表に引き出せないのか。

外国人が多い東京に大近江展の外国語の宣伝がまったくありませんでした。びわこビジターズビューローの外国語Facebookやホームページにまったく掲載なし。

Takashimaya Department Store in Nihonbashi, Tokyo is currently holding the Dai-Omiten (大近江展) food and craft fair featuring stuff from Shiga Prefecture. In one corner, this Sagicho Festival float decoration is on display. The festival has 13 floats and each one has an elaborate decoration with the year’s Oriental zodiac sign. What’s incredible is that the decorations are made of edible things. For example, the dragon’s teeth are cashew nuts. The Sagicho festival is held in mid-March (17th and 18th this year) in Omi-Hachiman, Shiga. The food fair is on the 8th floor, from 10 am to 8 pm (until 6 pm on March 1), until March 1. http://www.biwako-visitors.jp/pdf/oumiten.pdf