滋賀の英文観光地図パンフレット

左が旧版、右が最新版の英文Map of Shiga。

社団法人びわこビジターズビューローが発行したMap of Shigaの英文地図のパンフレットを拝見しました。旧版と比べると英文が全然改善されてない。形だけが変わっていて中身がそのまま。

旧版のMap of Shigaのよくない英語をそのまま流用されている。むしろスペルミスや間違っている文法が増えている。Native speakerによるcheckがやっていない。

地図には近江八景と琵琶湖八景が強調しているけど、これらは観光の目玉にならない。残念ながら、広重が見た詩的な近江はもうありません。琵琶湖八景を当てにする観光客も少ないと思います。県庁の英文観光ページにも同じです:http://www.pref.shiga.jp/multilingual/english/about/attractions.html

地図(と県庁のHP)に強調して欲しいのはまず国宝。寺院と神社は勿論、高槻の国宝の観音さんもいかが?そして戦国時代の史跡。特に大河ドラマに登場した場所。広重が好きなら宿場町もハイライトしよう。あとは各市町の観光案内所(電話番も)、自転車が借りれる駅(載れる道も)、道の駅(物産センター含む)。なぜJTBやKinki Nippon Touristのofficeがあるけど自分の案内所と物産センターが載ってないのか?

地図の裏面(下の写真)は滋賀の観光スポットを簡単に紹介しているけど、とても物足りない。滋賀の魅力が十分に伝わってこないし、全市町の名所が載せていない。高島市、米原市、日野町などが全然載ってない。お祭りの紹介もゼロ。英語もずさん。”Biwako Hana Funsui”にある”ajutages”っていったい何?

そしてなんと琵琶湖も全然紹介してない。どういう湖とか、基本的な説明なし。近江舞子も竹生島も全く紹介なし。Biwako Visitors Bureauの名称にも地図の表紙にも「ビワコ」があるのに紹介してない。あんだけ「Biwako, Biwako, Biwako」ばかり言っているのに。

しかし、滋賀は琵琶湖だけじゃない。県民も「琵琶湖」より「滋賀」の名称が圧倒的に好んでいます。Shiga Lakestarsのプロバスケチームの名前も投票で決まったけど、Biwako Lakestarsは全くダメだった。琵琶湖は国立公園にもなっていないし、摩周湖や十和田湖のように「美しい湖」というイメージが全国的にありません。滋賀県すら聞いたことない外国人にBiwakoと言ってもピントこない。Ninja, samurai, National Treasuresの方がずっと通じやすい。

滋賀の総合的な観光案内パンフを作りたい場合、別紙にするべき。地図は地図だけにして裏面には主な市街の拡大地図が望ましい。

Map of ShigaはやはりBVBのHP/FBと同じ性質である。形だけで中身が不十分。企画と実行がよく考えていない。せっかく奇麗に印刷したのに、もったいない。

この他の指摘と意見は下記にまとまりました。今度の改訂版に参考になればと思います。

表紙

  • Map of Shigaの名称をMap of Shiga Prefectureに。なぜかというと、信州の志賀高原とよく間違われる。
  • Lake Biwa JapanをLake Biwa, Japanに。
  • 相応しい滋賀の観光キャッチコピーがあったらいい。
  • 滋賀は日本のどこにあるか分かるように日本の地図に滋賀がマークされた小さい地図もあるといい。

裏表紙

  • “Access Map”の”Access”は和製英語です。正しい英語は英文ガイドブックなど参考してください。
  • By Train, etc.の見出しですが、etc.は見出しに使わない。アクセスの説明も不十分。新幹線駅の利便性や京都からの電車乗車時間などもっと優しく説明しよう。
  • Tourist SectionをTourist Information Officesに。県内にある全ての観光案内所を掲載してください。文字をもっと小さくしたら入ると思う。なぜ高島市が載っていないのか。あんなでっかい市の観光案内所の案内が何でない?
  • 英文住所にある”City”や”Town”は不要。でもShigaが必要。
  • コロン(:)の後に必ず一個のスペースを入れる。Tel: Address: など。

表面(地図)

  • ローマ字やスペルミスが多数。よくチェックしてください。
  • 県内と県外の部分が両方緑色となっているため、県境が見にくい。旧版の地図の方が見やすい(県外が白い)。市町の境も非常に見にくい。
  • 強調している近江八景はローマ字で英語になっていない。Karasaki no Yauの意味は分かる訳ない。分からないものを載せても意味がない。
  • サイクリングロードも色付きで表示するとより使い物になる。(この他の指摘は上記。)

裏面(下の写真を参考)

多数言い回しが悪い英語がある。たとえば:

  • “Hikone Castle”にある”350,000 koku”と言ってもkokuの説明が必要。”Hikone Castle is considered”もおかし。2007年の400年祭(開催中)のこともまだ載っている。
  • Enryakujiに”registered as a world inheritance”はWorld Heritage Site。
  •  Sightseeing Guidance of Shiga PrefectureとMajor Tourist Sightsの違いが分かりません。同じことですよ。

その他

  • 旧版の地図と比べるとA4版は不便。例えばサイクリングしているとき。
  • 地図には観光スポット、ホテルなどの紹介は大津に片寄っている。湖北の方が湖が奇麗のにあまり強調されていない。大津に関しては大津市観光協会の英文パンフで十分。
  • 英文地図や外国語パンフは県内の全ての観光案内所へ配布するべき。大津駅の観光案内所だけに置くことは不公平と不便。
  • 観光案内所に外国語でEnglish map availableのような標識も置くか外国語パンフレットを誰でも見えるところに置く。
Map of Shiga

Map of Shigaの裏面。クリックすると拡大できます。

上記のアドバイスは別に素晴らしいアイデアではなく、ごく当たり前の常識事項です。僕はなぜここまで気にしているというと、滋賀へ訪れる外国人の友人にこんな英文パンフレットを上げると恥ずかしいからです。滋賀ってしっかりしていない印象がする。悪いイメージに繋がる。例えば、変な日本語の観光パンフレットを日本人の友人に上げたいと思いますか?

English Tip: Romanization

I. Romanization = Spelling Japanese words 

I want to start with the Basics. And romanization of Japanese words is very basic, yet I often see mistakes by Japanese people writing English. 

There are two romanization systems commonly used today: Hepburn (ヘボン式) and Kunrei (訓令式). 

You should be aware of the differences and be careful which system you use when you write Japanese words in English. 

Hepburn is by far the most common system. JR train stations, Japanese passports, Japanese-English dictionaries, and English newspapers all use the Hepburn system. I strongly recommend the Hepburn system for normal writing in English. Kunrei is found most often in Japanese textbooks for foreigners and it is useful because it makes it easier to see the linguistic inflections. 

Notice the difference between Hepburn (left column) and Kunrei (right column): 

Shiga-ken | Siga-ken 
Chikubushima | Tikubusima 竹生島 
Kusatsu-shi | Kusatu-si 草津市 
Shigaraki | Sigaraki 信楽 
Takashima | Takasima 高島 
Hachiman | Hatiman 八幡 
Chomeiji | Tyomeizi 長命寺 
Aisho-cho | Aisyo-tyo 愛荘町 
Azuchi-cho | Azuti-tyo 安土町 | 
Takatsuki-cho | Takatuki-tyo 高月町 
Eigenji | Eigenzi 永源寺 
Ishibe-juku | Isibe-zyuku 石部宿 
Hokkoku Jinja | Hokkoku Jinzya 豊国神社 
Taga Taisha | Taga Taisya 多賀大社 
Hifuri Matsuri | Hihuri Maturi 火ふり祭 

As you can see, the spelling can be very different (especially Chomeiji). Many Japanese people confuse or mix the two systems. They might spell Aisho-tyo or Aisyo-cho. One reason is that many people type romaji with a personal computer and Kunrei system is sometimes shorter and faster to type. Kunrei is okay when you write in Japanese with a PC. But not good when you write in English in most cases. 

So please be more careful when you spell Japanese words in English.

English Tip: Spelling Long Vowels

Long vowels

Spelling Long Vowels 

Spelling long vowels has been and will always be a permanent problem for all of us. There is no perfect way to spell long vowels in Japanese words. So people spell long vowels in different ways, which makes it confusing for everyone. 

For example, 近江(おうみ). 

See the image for the sample spellings. 

I always spell it as “Omi,” which is the most common and practical way to spell it. The best way is actually #2 which has a macron to indicate a long vowel sound. A macron is a small horizontal bar above the vowel. 

The problem with #2 is that it is troublesome to type a macron. I was unable to type it here in mixi, so I use this image to show you. Most English newspapers, magazines, and books also do not type a macron. It is too much trouble. 

Using a macron for long vowels is actually the Hepburn system. JR train stations and subway stations follow the Hepburn system so they all use macrons too. 

A macron helps us to pronounce the name more accurately. Those of us familiar with Japanese will very much appreciate macrons. So in J-E romanized dictionaries and Japanese textbooks, you may find it. 

However, to people who don’t know Japanese, a macron makes no difference. They will pronounce the word in the same way, with or without the macron. 

Since it is too troublesome (or impossible) to type a macron, some people insert an “h” to indicate long vowels like #3. For example, 近江鉄道 and 近江バス spell it “Ohmi.” 
http://photoguide.jp/pix/displayimage.php?album=147&pos=67 

The problem with “Ohmi” is that it can be confused with おおみ instead of おうみ. Many people use “h” to spell the double o (おお) such as 大津 (Ohtsu), 太田 (Ohta), and 大井 (Ohi). The “h” looks very awkward and it is completely unnecessary for normal English speaking. People who don’t know Japanese will not understand the difference between Otsu and Ohtsu anyway. The “h” has no real pronunciation value or indicator in English. 

Also remember that we always spell 大阪 as “Osaka,” not “Ohsaka.” And regarding 大井, “Ohi” will make it おひ instead of おおい. This is another reason to avoid using “h.” 

Of course, nobody spells 大津 as “Ootsu.” It looks too strange. So there is no reason to spell 近江 as “Oumi.” This is another spelling method you should avoid (except when you are teaching Japanese or typing kanji). “Oumi” will likely invite mispronunciation by someone who doesn’t know Japanese. And remember that 東京 is always “Tokyo,” not “Toukyou.” 

Also for 町, such as Aisho-cho, best to spell it “cho” and not “choh” or “chou.” 

Note also 甲賀市 (Koka), 栗東市 (Ritto), 甲良町 (Kora), 竜王町 (Ryuo), 蒲生郡 (Gamo), 余呉町 (Yogo). Be careful when you spell these place names having long vowel sounds. 

最後の注意: 
If the name of a person or company has a long vowel sound, you should check how they spell it and follow their preference. So please spell 近江鉄道 as “Ohmi Railway” and 近江バス as “Ohmi Bus.” It is their name and their preference, so you should respect it. 

When you write someone’s name in English, also check how they spell it. Maybe you can check their English 名刺. But you should always respect how a person or company spells their corporate or personal name. 

Next time you pass by 近江八幡駅 or 近江今津駅, notice the romanization of the train station name.

1 2 3